あゆむ社長のブログ

ブログ

お客様の側に立って、ビジネスを考える

我が社の廃石膏ボードリサイクル設備の製造・販売事業はおかげさまで20年弱になります。
開発業務を含めれば、25年超になります。
この間、市場のいろいろな立場の皆様に教えを乞い、鍛えられ、今の仕様を作らせていただきました。
本当に感謝しております。

ここ数日、改めてお客様の立場でビジネスを再確認しています。
その一丁目一番地は分離した石膏・紙の利活用方法です。

廃石膏ボードを構成している石膏と紙に分離しただけでは、事業としては片手落ち。
かつては石膏は安定型処分が可能でしたが、今は分離後の石膏と言えども法が定める最終処分方法は管理型処分です。

分離した石膏は有効利用できなければならない、紙も単に焼却処分することなく、有効利用できなくてはならない。
お客様のニーズはこの一語に尽きます。

私共は単純に自社製設備の販売だけを行わず、その後の利活用方法もできるだけ提案できるよう、心掛けております。
しかもお客様のできるだけ身近な場所で可能になるような事業提案。

全てが首尾良く運ぶことは中々困難です。
「遠隔地への販売が可能かも」もしくは「ちょっと利活用提案は難しい」というオチになりがちです。

反面我が社ではここ最近、廃石膏ボード由来の石膏・紙を(条件はあるものの)受け入れたいという利活用市場からのご相談を受けています。
また他の専門筋と協力し、自地域で利活用までを可能にし、地域における廃棄物リサイクルの「地産地消」を行う取り組みも行っております。

私共は我が社の行動指針に定める『私たちは環境設備メーカーとしての社会的地位を思い、お客様の立場で物事を考え、出来ることと出来ないことを明確にすることに努める』を日々思い、全国各地における廃石膏ボードリサイクル事業が有効に進む一助ができるよう、努力します。

先に記した、利活用市場からのご相談の詳細をお知りになりたい方、廃石膏ボードリサイクル事業をご検討されている方はどうぞ我が社までご連絡下さい。


仕事全般, 廃石膏ボードリサイクルComment

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。