あゆむ社長のブログ

ブログ

最終処分場の枯渇と廃石膏ボード

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も皆様のご支援を得て廃石膏ボードリサイクルのいろいろな取り組みや紹介を致したいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

平成三十一年が明け、今年は200年ぶりの「天皇陛下のご譲位・新帝陛下のご即位」という歴史の転換期に立ち会うことができます。
直接係わることはなくてもこの瞬間に立会い、自分自身の一新を含め、良い年にしたいと思います。

廃石膏ボードリサイクルにおいてもこれまでには無かった、大きな動きがあると予想しています。
詳細はまたご案内します。

さて、宮城県大和町の公共最終処分場が満杯になる見通しという記事に接しました。
この最終処分場(管理型処分場)は同県内では依存度が高く(民業圧迫の勢い)、大量の廃石膏ボードが持ち込まれていました。
いよいよ満杯になることを思うと、宮城県内の廃石膏ボード事情も大きく変わってくると思います。

他方、北陸某県においても管理型処分費用の値上げが打ち出され、関係企業におかれては方向転換の動きをされています。

廃石膏ボードは「処分」する場合は法的には管理型処分が義務付けられています。
最終処分場が枯渇していく流れにおいて、今後は石膏と紙に分離し、それぞれを利活用していくことが加速していくものと考えています。

前述の通り、外部環境が大きく動くことを加味し、私共は愚直に廃石膏ボードリサイクルの重要性と設備の企画提案・製造を行って参る所存です。
廃石膏ボード処理でお困りの皆様、お問い合わせ・ご連絡をお待ちしております。


廃石膏ボードリサイクル, 時事Comment

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。