あゆむ社長のブログ

社長ブログ

» 時事

あの日から、8401日

あの日から、8401日
阪神・淡路大震災から23年が経過しました。地元の神戸新聞が特集記事をアップしています。

あの日の朝は鮮明に覚えています。
朝5時46分、私は家族と共に自宅で爆睡中でした。
突然「ドスン!」と大きな縦揺れがあり私は飛び起き、生後5ヶ月の娘を抱きました。
四日市では震度4。
直後女房とは『新幹線が動く前で良かった』と会話していましたが、その後の惨劇は周知の通りです。

以来23年が経ち、娘は大学を卒業し社会人になっています。時が経つ速さを痛感しています。
年々風化されていきますが、備えあれば憂い無し。当時を思い出し、襟を正したいと思います。


時事Comment

平成三十年が始まりました

新年明けましておめでとうございます。
全国3000万?の当ブログのファンの皆様には本年もどうぞよろしくお願い致します。(笑)

皆様のお正月は如何だったでしょうか?

元旦の私は家族と女房の両親と義姉一家と共に信心する椿大神社へ初詣に出掛け、目一杯以上の御神酒を呑み、沈没。
2日・3日は箱根駅伝をテレビ観戦し、母校の応援をしておりました。

我が社は今日から平成三十年がスタート。
残念ながら流行カゼで2名が出社できませんでしたが、次の内容の朝礼をしました。

戌年は「戌笑う」とされ、過去の戌年は軒並み株価が上昇しているとのこと。
昨日の大発会終了後の平均株価は23000円を回復。景気上昇の期待感が大きいが、個人消費の伸びが今一つであり、様子を見る必要がある。
仮に景気が好循環しても、全ての企業の業績がアップするとは限らない。
常に考え、変革できた会社の業績は良くなるだろうが、同じことの繰り返しをしている会社に明るさは望めない。
社員それぞれがお客様のこと、業務のこと、自分自身のこと、家族のことを常に考え、企業変革(イノベーション)を成し遂げ、業績アップに繋げていこう。

今年もこれまで以上に「常に考え」、経営理念に掲げる『社会には無くてはならない、社会から尊敬される会社』を目指します。

年末に忘年会が出来なかったので、明日(1月6日)は全社員で伊勢神宮に参拝し、新年会を行います。


時事Comment

天皇陛下のご譲位日程の決定に思う

12月1日皇室会議が開かれ、天皇陛下の「平成31年4月30日の皇太子殿下へのご譲位」と「同年5月1日の皇太子殿下のご即位」が決定されました。

憲法第1条に定められる「日本国民統合の象徴」として先に決定された特例法に基づき、つつがなくご譲位されんことを願うばかりです。
再来年のゴールデンウィークは「10連休?」と早くからヌカしている輩もいるようですが、国民の一人として歴史の瞬間に厳粛に立会いたいと思います。

先に決定された特例法では「女性宮家創設」を可能にする云々の付帯決議がなされており、早速左翼政党の幹部はそれをコメントし始めていますが、女性宮家創設→女系天皇の誕生を懸念する意味で、最新の注意を払った検討が必要でしょう。

今上天皇のご譲位は6代前の光格天皇(明治天皇の曾おじい様)以来、約200年ぶり。江戸時代後期で第11代将軍・徳川家斉公の時代です。
当時も皇統継承の問題があり、光格天皇は皇室傍系の閑院宮家から皇位を継承され、朝廷が近代天皇制へ移行する下地を作った方と後世評価されています。

現代の皇位継承問題も光格天皇が皇位を継承された時に学ぶところが多くあると思っています。


時事Comment

おかげさまで昨日創立記念日を迎えました

10月に入り、世の中は総選挙モード。
保守だの、リベラルだのとワイドショーが血眼になって放送しています。
まぁ、この話は後日にします。

10月1日、当社は創立記念日を迎えました。
おかげさまで本年で創立53年です。

どんな世界でも50年経てばそれなりの歴史が発生し、当社も「紆余曲折」があります。
いろいろな思いが交錯しておりますが、まずもって申し上げるべきことは、お客様や社員諸兄に助けられて今があることを片時も忘れておりません。
心底より感謝しております。

只今所属している、三重県中小企業家同友会で経営指針セミナーを受講しております。
その中で「自社の歴史」を作るプロセスがあるのですが、感慨ひとしおの思いをもって作成しました。

引き続き当社の経営理念に定める『社会に無くてはならない、社会から尊敬されるオンリーワン企業の確立とお客様・社員(とその家族)の幸福を追求する』ことを創造し続けてまいります。

再来年は当社は創立55周年、5年後には法人設立50周年をそれぞれ迎えます。
お客様が求める多種多様な案件に対し、当社としてできることを日々追い求めていきます。
今後共よろしくご指導ご鞭撻の程、心より願い上げる次第です。


仕事全般, 時事Comment

電車アナウンス(田舎と都会の違い)

「電車アナウンス」といっても車掌のモノマネの話ではありません(アタシは子供の頃、やっていましたが…)
 (^^;;

先日大阪方面に出張した際、四日市から近鉄特急で大阪に向かいました。
秋雨前線の活発化で奈良方面が局地的大雨に見舞われ、大阪難波行きの特急が途中の名張駅で運転が休止し、結局名張駅で1時間半立ち往生することになりました。
後刻分かった運転休止の原因は奈良県下の近鉄線の線路が冠水したためとのこと。復旧時間が1.5時間でした。

問題は休止する直前の特急の車内アナウンスが「運転休止になる」だけで「いつ復旧するか」のアナウンスがなかったこと。
名張駅の駅員にもキチンとした情報が伝わっておらず、乗客は「どうなるか分からない」不安感に覆われました。
私もアポイント先に「いつ頃難波駅に到着するか分からないが、出来るだけ早く行く」という旨の連絡しか入れられません。

1.5時間で復旧してくれたことに我々は感謝すべきですが、それは結果論。
「復旧の見通しは今のところ不明ですが、情報が入り次第適時お知らせする」という案内が欲しかった。
情報が無いからアナウンスしない、では乗客は納得しません。
首都圏等の都会の電車が何らかの理由で動かなくなった時、車内アナウンスは(車掌に情報が無くても)頻繁にあります。
これが田舎と都会の違いか、と痛感させられました。

これを我がコトに置き換えた場合、「お客様の質問や要望には出来るだけ早く答える」ということになるのでしょうか。
今回の経験を反面教師にし、お客様方のご期待に応えていこうと思った次第です。


仕事全般, 時事Comment

1 / 2112345...1020...最後 »