あゆむ社長のブログ

社長ブログ

» 三重県中小企業家同友会

経営指針成文化セミナー

一念発起して、先月から三重県中小企業家同友会主催の「第2期経営指針成文化セミナー」に参加しております。

以前より見よう見まねで「経営計画書」を作っておりましたが、作っただけで何ら検証せず、まさに「絵に描いた餅」でした。
これではマズいと思い、昨年より経営計画書で書いた諸事項を月一開催の役職者会議で進捗を確認。
おかげさまで社員の自社を見る眼が徐々に変わってきました。

今度は今作っている経営計画書が妥当性があるのか、という疑問が発生。
キチンと学びをし確認をしたいというのがセミナー受講の動機です。

全国各地のお客様の元に出張するだけで時間を要しておりますが、要は自分自身の時間の使い方であると割り切り、全6回のうちこれまで2回のセミナーを受講しました。
同友会が言う経営指針書は経営理念・10年ビジョン・経営方針・経営計画で構成され、セミナーでは自社の歴史を振り返り、お客様のニーズと自社のシーズを確認するところから始まり、経営理念、自社を取り巻く業界相関図の作成等々、意識があってもキチンと認識できていなかったところを再認識することができています。
毎回出される宿題のレベルが徐々にアップし、期限内提出が厳しくなっておりますが、歯を食いしばって受講していきたいと考えています。

同友会活動において、経営指針書の成文化はまさに一丁目一番地。
経営者と社員が「わが社は何の為に存在し、何を目指すのか」「どうすれば利益を得ることができ、お客様・購買先・社員とその家族が幸せになり、地域社会に貢献できるのか」を共有し、羅針盤として指針書を持ち、厳しい社会環境の中、舟を漕いでいきたいと思っております。


三重県中小企業家同友会, 仕事全般Comment

第46期経営指針発表会

おかげさまで当社は今月より新事業年度に入りました。
「開幕ダッシュ」を図るべく、昨日三重同友会事務局をお借りして経営指針発表会を開催しました。
少数精鋭の全社員と顧問税理士・取引銀行の支店長・三重同友会の事務局長を来賓に迎えて。

当社の社是・経営理念・行動指針の確認から始まり、前期の振り返りと今期の方針を熱く語りました。

内容は私が全てを作り経営者としての思いを伝えたのですが、社員の理解度には温度差があり、今後全社員で都度の進行確認が必要であること、私だけではなく、社員も計画を考えていかなければならないことを痛感しました。

今期の方針を発表したの後に同友会名物のグループ討論を全社員で経験。
討論テーマは『我が社の製品やサービスについて、お客様に一番約束したいと思うことを挙げて下さい。その約束はどのような条件の下で守れるでしょうか?』

社員は初めて経験するグループ討論に戸惑うだろうと予想していたのですが、案外するっと入り出し、安心と感心をしました。
討論後の発表で出た諸事項が当社のお客様に一番約束したいことになり、尊い文言が出来上がりました。
これは成文化して全社員で共有していきたいと思います。

経営指針書は会社の進むべき羅針盤。
厳しい社会環境下で皆が幸せになれるよう、大切にしていきたいと思います。


三重県中小企業家同友会, 仕事全般Comment

近況報告

ブログ上では大変ご無沙汰しております。
連日連夜、良くも悪くもバタバタしており、更新する時間もございませんでした。
これからはできるだけ更新作業もやっていかなければ、と思っております。
私が加入し学びを深めている、三重県中小企業家同友会の大親分は自社のホームページ上で毎週必ずブログ更新し、情報発信に努めていらっしゃることを思うと汗顔の至りであります。

我が社のFacebookページでは適時アップデートしておりますので、ついでの際にお立ち寄り下さい。

廃石膏ボードリサイクルのお問い合わせは全国各地から相当数頂戴しております。
建設廃棄物の中ではがれき類・木くずがメインですが廃石膏ボードも比較的多く、リサイクル化にはしっかりしたスキーム作りが必要なことから、今後も建廃処理業者様を中心にお問い合わせの数も増加していくものと予想しております。
私共も全国各地の事情をさらに集め、適正処理と確実な利活用実現に向けて一層精進してまいります。

私事の近況を申し上げると、この春娘が大学を卒業し、就職しました。
任地が三河方面となり、4月から寮生活に入っています。
昨年セガレが大学デビューし、横浜で下宿生活を始めた際には少しだけの寂しさで済んだのですが、娘は生まれてからずっと手元に居り、これからも一緒だろうと高を括っていたところ親元を離れて生活することになったため、セガレの時以上の寂しさを女房と味わっております。
「子離れしなければ…」と頭では理解しているのですが、子供がいなくなった生活に慣れるにはもう少し時間がかかると思っております。

いづれにしても桜が咲き始め、季節が変わりました。
気持ちを新たにし、仕事とプライベートを充実していきたいと思います。


プライベート, 三重県中小企業家同友会, 仕事全般Comment

第45期経営指針発表会

去る10月21日に我が社の第45期経営指針発表会を四日市市内で開催しました。
%e7%9c%8b%e6%9d%bf
私なりに三重同友会で学んだ内容を盛り込み、且つ「我が社は何のために存在し、何を目指すのか」を整理し、全社員で目標を共有することができました。
%e7%b5%8c%e5%96%b6%e8%a8%88%e7%94%bb%e6%9b%b8
今日確認した内容をいかに検証していくかが今後の課題です。
一つづつ課題をクリアし、経営理念に定める『社会になくてはならない、社会から尊敬される「オンリーワン企業」の確立』を目指します。
%e5%85%a8%e4%bd%93%e9%a2%a8%e6%99%af2

%e5%85%a8%e4%bd%93%e9%a2%a8%e6%99%af1


三重県中小企業家同友会, 仕事全般Comment

同友会北勢支部例会

昨夕19:00より三重県中小企業家同友会の北勢支部例会が開催され、参加。
「宇宙ロケットに夢のせて」というテーマで北海道同友会会員の植松努・㈱植松電機専務取締役殿の講演でした。
講師は北海道の炭鉱の町で電磁石の製造販売に従事。生業に限界を感じ、子供の頃からの夢であった飛行機製作・ロケット製作を今では生業にしている会社です。
出席者は2時間のお話に固唾を呑んで聞き入っていました。
中小企業が宇宙ビジネスを展開。
決して子供のことからの夢を諦めてはいけない、夢は持ち続けなければならないことを改めて学びました。
いろいろな話に関して、いきなり否定から入るのではなく『だったらこうしてみれば…』という建設的な気持ちを持ち続けることは企業経営も青少年の育成も同じです。大切にしなければならないキーワードです。
2時間の講演は「エッセンス一杯」のボリューム。
Power Pointの資料も立派でしたが、エッセンスが一杯過ぎて凡人の私にはもう少しゆっくりお話を聞きたい、とわがままな思いをしました。
機会があれば、再度お話しを聞きたいです。
三重県中小企業家同友会北勢支部は四日市市・鈴鹿市と周辺の郡部を範囲とし、「強い経営体質の企業を作り、経営者の資質の向上を図り、経営発展の土壌を改善する」ことを目的に地域の中小企業経営者が切磋琢磨している会です。
毎回印象に残る例会が続いています。
入会をお勧めします。


三重県中小企業家同友会Comment

1 / 3123