あゆむ社長のブログ

社長ブログ

» 未分類

産学によるコラボレーションを開始

先月付で富山高等専門学校様と共同研究に関する契約を締結しました。
これからは当社の技術は先方のナレッジを加味し、融合してお客様・市場に提案してまいります。

具体的には廃石膏ボードリサイクル事業でお客様が解決できないこと、現状の問題点を洗い出し「できていないこと」を「こうすればできるのでは?」という研究をしてまいります。
先日もキックオフミーティングを当社で開催し、市場を取り巻く問題点を挙げ「この課題からスタートさせよう」という方向性を定めたところです。
上手く運べば、画期的な提案ができるかもしれません。

当社製設備を用い事業展開されている方は無論のこと、他社製設備で廃石膏ボードリサイクル事業を行い課題に直面している方、当社までどうぞお問い合わせ下さい。


未分類Comment

ソチ冬季五輪に思う


ソチ冬季五輪が連日盛り上がっています。
平野歩夢くんと渡部暁斗くんの銀メダルは圧巻です。

私はスノーボードやノルディックとは全く無縁ですが、二人に共通するものは…。

名前です。
私は偶然にも彼らの名字と名前の最大公約数を賜っています。

ひょっとしたら今の私は「無敵」かも!?
あやかって仕事に生かしていきたいと思っています。

子出藤歩夢くんは予選敗退だったけど、カーリングの小笠原歩(あゆみ)ちゃんは頑張っています。

頑張れ!
アユムワタベ!!


時事, 未分類Comment

循環経済新聞を読む

IMG_1436
2月3日付週刊循環経済新聞によれば、かながわ環境整備センター(横須賀市)での廃石膏ボードの受入量が前年度よりも増加する見込みと発表がありました。
同所は管理型処分場で排ガス管を設置しており嫌気性状態になりにくく、硫化水素が発生する可能性が低いとのことです。

消費税増税の駆け込み需要による新築工事やそれに伴う解体工事があるものと考えられますが、今後も全国各地で廃石膏ボードの発生量は増加となるでしょう。

石膏ボードは建築時期が現代に近づけば近づくほどその使用比率は多くなり、今後の解体工事における廃石膏ボードは増えるものと考えられます。
私共は『廃石膏ボードリサイクルの総合コーディネーター』を自認し、引き続き処理でお困りの方々に縷々ご提案を図ってまいります。


未分類Comment

わが社は48歳になりました

今日のわが社は行政用語的に言えば特定休日。
創立記念に伴う休日をいただいております。
わが社の創立日は昭和39年を10月1日。
奇しくも東海道新幹線の開業日と同じで0系新幹線が出発したのと同時に故創業者が事業をスタートさせました。
以来48年が過ぎ、ここまで来れたのもお客様・納入業者様・社員とその家族の皆様のご支援とご協力があってこそ、と心から感謝しています。
今年の創立記念日からは創業者は亡く、私が「創業的2代目」として厳しい環境に立ち向かわなくてはならないと覚悟しています。
わが社の経営理念である『社会になくてはならない、社会から尊敬される会社』を目指し、誰もが真似ができないオンリーワンの手法を用い競争力の強い会社になれるべく、精進してまいります。
今後ともよろしくご指導のほどをお願い申し上げます。


未分類Comment

台風時の営業活動①

季節外れの台風に列島中が迷惑しています。
私は昨日より関東地区に出張中で当初は今日四日市に帰るところでしたが、お客様の都合でもう一泊必要になり、今宵も関東にいます。
予定通りであったら新幹線は満足に動かなかったでしょう。
今回の台風は近畿東海に直撃で、家族たちは家の中で大人しくしているらしいです。
これから関東地区も本番を迎えます。速くホテルに戻らなくては。
以前、台風接近の時に私がわが社の工場責任者と共に八戸に日帰り弾丸出張をした時の話。
スケッチと打ち合わせが終り、復路の東北新幹線に乗る。台風接近でも東京駅までは何とかたどり着けましたが、静岡地区の雨量が多く、東海道新幹線が運航していないことが判明。東京駅のコンコースは帰れない人達でごった返していました。
私は日帰りで帰ることを諦め、ビジネスホテルを探しました。
しかし同じことを考える諸兄が多く、2名分の部屋が確保できない。
やむ無く浅草の知人にSOS発信。すると数分後、意図も簡単に「部屋が確保できた」との連絡が入り、安堵しました。
早速浅草に移動し、言われた場所に行ってみると、そこはビジネスホテルでもカプセルホテルでもなく、昭和30年代に流行ったであろう「連れ込み」旅荘でした。
布団は一組で枕が2個。一応お願いした内容は満たしていますが、なんぼなんでも同じ布団に入る訳にはいきません。
結局布団をウチの社員に譲り、私は襖の外の廊下で雑魚寝。
台風一過の翌朝、始発の新幹線で帰りました。
車中で爆睡したのは言うまでもありません。


未分類Comment

1 / 3123