あゆむ社長のブログ

社長ブログ

北海道特派員報告⑤

d9852984.jpg
 北海道からは土曜日の最終便で帰四しました。
 帯広では弊社製・RECOM400MSシステム(2t/h)がお世話になっています。この導入先では自社分・受入分を含め、大量の廃石膏ボードがあり、連日フル稼働です。以前は他社製の分離装置を使っていたのですが、処理能力・分離効率が「今一つ」で弊社製に切り替えていただいた経緯があります。【十勝地区の地域一番店】を目指し、奮闘されています。現在水面下で検討されているリサイクル手法が確立すれば、このお客様は間違いなく地域一番店になれると確信しました。
 帰りの新千歳空港での一コマ。
 JALの名古屋行き最終便に搭乗し新聞を読みながら離陸を待っていてもなかなか出発しない。やがて機長より『手荷物検査場を逆走したお客様がおり、セキュリティー保全のため、そのお客様が特定できるまで離陸許可が下りないので暫時お待ち下さい』とのコメント。私はたまたま機内BGMで「竹内まりあ」がかかっていたので無邪気に過ごしていました。
 その後20分経っても、30分経っても出発できない状態が続き、客室乗務員のお姉さんたちが乗客に事情の説明に奔走し始めました。私の席でも機長と同じ説明があり、私は『もう帰るだけだし、別にいいや』の心境で「竹内まりあ」を聞き込んでいました。
 飛行機は結局70分遅れで出発し、CAさんたちは今度は乗客にお詫び行脚。一通り終わると、先任パーサーが別に私の席に来て『お客様の笑顔に救われました』と言われました。私は「竹内まりあ」で相当のアホ面をしていたのか、自身の笑顔を始めて褒められました。【モノは言い様だなぁ~】と改めて感心しました。
 お客様の不安を解消する…。凄く大切なことです。我が社が我が社のお客様の不安をキチンと解消できているか。簡単なことができていないような気がします。見直す契機になりました。
 それにしても、客室乗務員の気配りにはビックリです。


廃石膏ボードリサイクルComment

北海道特派員報告④

a3f09ac3.jpg帯広名物の豚丼。吉〇家のそれをイメージしてましたが、私の豚丼のイメージが見事破壊されました。ほろ苦い、記憶に残る味でした。
 1人前:850円也。
 


廃石膏ボードリサイクルComment

北海道特派員報告③

0dd46894.jpg帯広に到着しました。
お客様の現場に行く前に腹ごしらえをしなければ。
帯広といえば、豚丼。(次につづく…)


廃石膏ボードリサイクルComment

北海道特派員報告②

f6937521.jpg夕張の街路樹は紅葉が始まりました。


廃石膏ボードリサイクル2 Comments

北海道特派員報告①

0fde15cf.jpg 昨日から札幌にいます。
気温が我が地元と10℃違い、街を歩く女性はマフラーを着けています。
晩秋⇒初冬の雰囲気です。
 札幌に入り、まず北海道地区石膏リサイクル研究会の大嶋代表幹事(北清企業㈱社長)と個別打ち合わせ。現在同社は複数のリサイクル手法を検討中で非常に元気な会社です。
 私は常々『地産地消によるリサイクルが理想』と言っています。北海道で作られた石膏を内地に運ぶのではコストがかかり過ぎて有効なリサイクル手法とは言えません。
 大嶋社長も同様の考えで、石膏リサイクルの『道内スタンダード』を確立中です。自社の強みは「廃石膏ボードのリサイクル事業」と位置づけ、頑張っていらっしゃいます。
 夕方は私が事務局長を務めている、北海道地区石膏リサイクル研究会の幹事会がありました。次回会合の段取りと最新事情の事情交換をしました。
研究会の次回会合は来月に決まりました。スピーカーが決まり次第、日程を報告します。


廃石膏ボードリサイクルComment