あゆむ社長のブログ

社長ブログ

リサイクル石膏の有効性

今日は久しぶりにリサイクル関係のネタを述べます。
先日石膏関係の素材を取り扱っておる業者殿と情報交換をしました。
結論から言えば、廃石膏ボード由来の石膏(リサイクル石膏)の有効性が今後は高まってきます。
原発事故以来、我が国は慢性的な電力不足に悩まされています。原子力発電所がほとんど稼働しなくなり、火力発電所を中心にフル稼働しているのが現状です。
国は風力や太陽光等の自然エネルギーで発電できる仕組みを創っている最中ですが、慢性的な電力不足を解消するには相当の時間がかかります。
目下は石炭火力発電所が活発に稼働していますが、今後の方向性は火力発電の場合、石炭ではなく、CO2発生量が少ない天然ガス(LNG)が主力になっていくことでしょう。
当ブログで都度触れていますが、石炭火力発電所には石炭を燃焼した時に生じるSOXを抑制するために脱硫装置が設置されています。
「同装置に石灰を投入→化学反応で硫黄分が吸収され→副産物として石膏(排煙脱硫石膏)が残り→主としてセメントメーカー・石膏ボードメーカーが原料化」
…というリサイクルスキームがありますが、LNGが主力になると脱硫する必要がないので、石膏自体が希少価値になっていきます。
そうなると発電所由来の排脱石膏を当てにしている業界は原料不足となり、直訳すれば生産ができない、ということになりかねません。
但し、発電所由来の排脱石膏と廃石膏ボード由来の石膏では結晶体が違う(後者の方が結晶が細かい)ため、一部のメーカーでは石膏の再結晶化技術を駆使し、廃石膏ボード由来の石膏の価値を高めています。
廃石膏ボード由来のリサイクル石膏が有効になってくるといえども、何でもOKという訳にはいきません。
石膏自体の純度を高めること等の「一定以上の品質保持」は最低限必要です。
解体現場から発生する廃石膏ボードでも、処理前に異物を除去することは絶対的に必要です。


廃石膏ボードリサイクルComment

創業者の一周忌に思う

今日は我が社の創業者の一周忌です。
既に先月法要は済ませましたが、昨夕家族で仏壇を改めて拝し、これまでの会社と我々家族の無事を感謝し、成仏を祈りました。
昨年の今日は『何をどうすればよいのか、分からない』状態でした。
早暁に父を病院から家に移し、東京出張を取りやめ、葬儀の手配と社員への説明、目まぐるしい日々が続きました。
夜中にようやくゆっくりできたので、缶ビールを数本煽ったのを覚えています。
以来一年が過ぎ、事業継承と会社の移転、営業活動…と馬車馬のごとく走りました。
我ながらよく頑張れたと思っています。
これも応援していただいたお客様や購買先の皆様、社員とその家族、仲間のおかげと心から感謝しております。
これからも我が社の経営理念である『社会になくてはならない、社会から尊敬される「オンリーワン企業」を目指す』を考え、頑張ってまいる所存です。
今後ともよろしくご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げます。


仕事全般1 Comment

わが社は48歳になりました

今日のわが社は行政用語的に言えば特定休日。
創立記念に伴う休日をいただいております。
わが社の創立日は昭和39年を10月1日。
奇しくも東海道新幹線の開業日と同じで0系新幹線が出発したのと同時に故創業者が事業をスタートさせました。
以来48年が過ぎ、ここまで来れたのもお客様・納入業者様・社員とその家族の皆様のご支援とご協力があってこそ、と心から感謝しています。
今年の創立記念日からは創業者は亡く、私が「創業的2代目」として厳しい環境に立ち向かわなくてはならないと覚悟しています。
わが社の経営理念である『社会になくてはならない、社会から尊敬される会社』を目指し、誰もが真似ができないオンリーワンの手法を用い競争力の強い会社になれるべく、精進してまいります。
今後ともよろしくご指導のほどをお願い申し上げます。


未分類Comment

10月に入って…

10月に入りました。
本年も残り3ヵ月。だんだん気持ちも忙しくなります。
今日から赤い羽根の共同募金がスタートし、年賀はがきの購入予約など、年末年始に向けたイベントが多くなってきます。
当の私はいろいろと忙殺されており、ブログ更新もままならない状態。
更新なんてほんの10分程度でできるのに、明らかに手抜きです。反省しなければなりません。
忙殺されることに感謝し、一つづつ課題を整理していきます。
一度に全てのことを思うと、気分が滅入りますが、営業関係・経営関係・社内工程関係…とカテゴリー毎に整理し、それらの中での優先順位を決め順次こなしていきます。
当たり前のことを涼しい顔をして当たり前にしていきたいと心から思っています。
これからも頑張ってまいります。


仕事全般Comment

富山高専さん主催の市民講座に参加しました

b10895b7.jpg
8/31~9/1の間、富山市で富山高等専門学校さん主催の循環型社会講座に参加し、廃石膏ボードリサイクルの最新事情を学びました。
講座には一般市民、全国各地の廃石膏ボードリサイクル事業者・中間処理業者、業界団体、石膏ボードメーカーの方々とリサイクル設備メーカーが集い、熱く勉強したところです。
私なりの愚見も含め、今後本ブログで適時アップしていきたいと思います。
今回の私の出張は3泊4日で、四日市→宇都宮→東京→福井→富山→金沢を一度に廻り、頭の整理ができていませんので、自身の交通整理をした上ご紹介に努めます。
只今金沢より富山に戻る特急電車の車中。
富山より高山本線で名古屋に向かい、四日市に帰ります。


廃石膏ボードリサイクルComment