あゆむ社長のブログ

社長ブログ

» 仕事全般

劣悪な廃石膏ボードのリサイクル(2)

先週に引き続き、劣悪な廃石膏ボードリサイクルのネタです。
先週、廃石膏ボードを石膏・紙に分離処理する際に壁になるのは「廃石膏ボード以外の異物を混入しないこと」について愚見を述べました。
今週は「水分を帯びた廃石膏ボードの除去」についてです。

それにしても今年の夏~秋は雨が多い年でした。
当社製設備導入先の方々から例年以上に「湿った廃石膏ボードも容易に分離処理できるようにしてほしい」とのご要望を多くいただいております。

石膏ボードの主原料である石膏(二水石膏)は通常、素材的に流動性が悪く、水分(付着水)を帯びたものは輪をかけて流動性が悪くなり、そのまま専用設備で処理すると設備内で「粘土をこねた状態」になり、詰まってしまいます。
当社としても湿・廃石膏ボードの容易な乾式分離処理技術の確立は喫緊の課題と考えており、関係部署と研究中です。
なかなかこの事業では『タブーへの挑戦』であり、時間を要するかもしれませんが、近々にご紹介できれば、と念じております。

他方、湿った廃石膏ボードが嫌われる理由は利活用方法にもあります。
分離後の石膏を土壌改良材や固化材の原料で利活用する場合は「絶乾状態」を求められます。
少しでも水分があると利活用先の設備で不具合が発生する他、ブレンド直後に化学反応が起こり、製品として使用する前に反応が終わって「風邪を引いたセメント状」になってしまいます。

これらの理由で処理する廃石膏ボードは乾燥状態が求められるのです。

全国各地の多くの中間処理業者様には頭の痛い、構造的問題ではありますが(誤解を恐れず申し上げれば)上手く中間処理することは専門業者様のノウハウであると思います。
入口部分の品質管理にお気をつけいただければ、処理困難物が容易になるものと信じております。


仕事全般, 廃石膏ボードリサイクルComment

劣悪な廃石膏ボードのリサイクル(1)

久しぶりに廃石膏ボードリサイクルのネタでブログアップします。
廃石膏ボードを石膏・紙に分離処理する際に壁になるのは「廃石膏ボード以外の異物を混入しないこと」と「水分を帯びた廃石膏ボードの除去」であり、全国各地の多くの中間処理業者様では構造的な問題になっています。

廃石膏ボード以外の異物混入を避けるのは第一には設備保全が目的ですが、同順位で「分離後石膏(紙)の高純度を維持するため」であり、利活用を考えるためには避けては通れない課題になっています。
しかし、事情によっては「異物混在の廃石膏ボード」が多数存在します。
当社製設備導入先の多くはこの場合、廃石膏ボード単体に前選別するか、設備に投入せずそのまま管理型処分かの選択で業務を遂行してもらっているのが現状です。

多くはアップできませんが、「異物混在の廃石膏ボードを分離処理する」ご相談に乗っています。
いろいろと条件設定がありますが、管理型処分するよりも費用対効果があると考えています。

お困りの方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお問い合わせいただければ幸いです。
ご連絡をお待ちしております。


仕事全般, 廃石膏ボードリサイクルComment

おかげさまで昨日創立記念日を迎えました

10月に入り、世の中は総選挙モード。
保守だの、リベラルだのとワイドショーが血眼になって放送しています。
まぁ、この話は後日にします。

10月1日、当社は創立記念日を迎えました。
おかげさまで本年で創立53年です。

どんな世界でも50年経てばそれなりの歴史が発生し、当社も「紆余曲折」があります。
いろいろな思いが交錯しておりますが、まずもって申し上げるべきことは、お客様や社員諸兄に助けられて今があることを片時も忘れておりません。
心底より感謝しております。

只今所属している、三重県中小企業家同友会で経営指針セミナーを受講しております。
その中で「自社の歴史」を作るプロセスがあるのですが、感慨ひとしおの思いをもって作成しました。

引き続き当社の経営理念に定める『社会に無くてはならない、社会から尊敬されるオンリーワン企業の確立とお客様・社員(とその家族)の幸福を追求する』ことを創造し続けてまいります。

再来年は当社は創立55周年、5年後には法人設立50周年をそれぞれ迎えます。
お客様が求める多種多様な案件に対し、当社としてできることを日々追い求めていきます。
今後共よろしくご指導ご鞭撻の程、心より願い上げる次第です。


仕事全般, 時事Comment

電車アナウンス(田舎と都会の違い)

「電車アナウンス」といっても車掌のモノマネの話ではありません(アタシは子供の頃、やっていましたが…)
 (^^;;

先日大阪方面に出張した際、四日市から近鉄特急で大阪に向かいました。
秋雨前線の活発化で奈良方面が局地的大雨に見舞われ、大阪難波行きの特急が途中の名張駅で運転が休止し、結局名張駅で1時間半立ち往生することになりました。
後刻分かった運転休止の原因は奈良県下の近鉄線の線路が冠水したためとのこと。復旧時間が1.5時間でした。

問題は休止する直前の特急の車内アナウンスが「運転休止になる」だけで「いつ復旧するか」のアナウンスがなかったこと。
名張駅の駅員にもキチンとした情報が伝わっておらず、乗客は「どうなるか分からない」不安感に覆われました。
私もアポイント先に「いつ頃難波駅に到着するか分からないが、出来るだけ早く行く」という旨の連絡しか入れられません。

1.5時間で復旧してくれたことに我々は感謝すべきですが、それは結果論。
「復旧の見通しは今のところ不明ですが、情報が入り次第適時お知らせする」という案内が欲しかった。
情報が無いからアナウンスしない、では乗客は納得しません。
首都圏等の都会の電車が何らかの理由で動かなくなった時、車内アナウンスは(車掌に情報が無くても)頻繁にあります。
これが田舎と都会の違いか、と痛感させられました。

これを我がコトに置き換えた場合、「お客様の質問や要望には出来るだけ早く答える」ということになるのでしょうか。
今回の経験を反面教師にし、お客様方のご期待に応えていこうと思った次第です。


仕事全般, 時事Comment

経営指針成文化セミナー

一念発起して、先月から三重県中小企業家同友会主催の「第2期経営指針成文化セミナー」に参加しております。

以前より見よう見まねで「経営計画書」を作っておりましたが、作っただけで何ら検証せず、まさに「絵に描いた餅」でした。
これではマズいと思い、昨年より経営計画書で書いた諸事項を月一開催の役職者会議で進捗を確認。
おかげさまで社員の自社を見る眼が徐々に変わってきました。

今度は今作っている経営計画書が妥当性があるのか、という疑問が発生。
キチンと学びをし確認をしたいというのがセミナー受講の動機です。

全国各地のお客様の元に出張するだけで時間を要しておりますが、要は自分自身の時間の使い方であると割り切り、全6回のうちこれまで2回のセミナーを受講しました。
同友会が言う経営指針書は経営理念・10年ビジョン・経営方針・経営計画で構成され、セミナーでは自社の歴史を振り返り、お客様のニーズと自社のシーズを確認するところから始まり、経営理念、自社を取り巻く業界相関図の作成等々、意識があってもキチンと認識できていなかったところを再認識することができています。
毎回出される宿題のレベルが徐々にアップし、期限内提出が厳しくなっておりますが、歯を食いしばって受講していきたいと考えています。

同友会活動において、経営指針書の成文化はまさに一丁目一番地。
経営者と社員が「わが社は何の為に存在し、何を目指すのか」「どうすれば利益を得ることができ、お客様・購買先・社員とその家族が幸せになり、地域社会に貢献できるのか」を共有し、羅針盤として指針書を持ち、厳しい社会環境の中、舟を漕いでいきたいと思っております。


三重県中小企業家同友会, 仕事全般Comment

1 / 2612345...1020...最後 »