あゆむ社長のブログ

廃石膏ボードリサイクル事業提案

付帯設備

石膏粒度調整設備(1㎜/0.5㎜以下石膏生産設備)

石膏を細粒化し、マテリアル系のリサイクルへ

設計諸元
処理能力 1.0~2.0t/h,max
乾燥状態の廃石膏ボードを投入
投入方法 バッヂまたは自動投入
お客様の御意向でレイアウトを行うため、
プラント寸法・電動機容量はその都度変わります

剥離後紙乾式洗浄設備

紙に付着した石膏を除去し、リサイクル

剥離後紙乾式洗浄設備廃石膏ボード由来の剥離した紙に付着する石膏を「叩き落とす」方法で除去し、利活用可能な状態※に仕上げます。
乾式処理のため、ランニングコストは安価。集塵設備を併設し、安心・安全に加工していただくことができます。
乾式洗浄後の紙は主に畜産原料や水分調整材、製紙原料としてリサイクルが可能です。
※他社製の分離装置で処理された紙は分離効率が変わる恐れがあります。

廃石膏ボード事前乾燥装置

湿った廃石膏ボードを乾燥し、処理可能な状態に

廃石膏ボード事前乾燥装置水分の多い、湿った廃石膏ボードを分離処理前に乾燥※させる装置です。
熱源は重油・灯油またはガスを使用し、乾燥処理後、結露等により水分が再付着しないように処理します。
内部に攪拌ドラム(リボンスクリュー方式)を設け、湿・廃石膏ボードが満遍なく乾燥処理できる構造です。
専用の集塵装置を併設。余分な粉塵を発生させることなく処理ができます。
※付着水分量が著しく多い場合は乾燥時間が長くなることがあります。

固化材製造設備

分離後石膏を原料とし、新たな商材を作る

固化材製造設備廃石膏ボード由来の石膏を原料とし、セメント等の原料と一定の配合でブレンディングさせる設備でセメント系固化材を製造する設備です。ストックタンク・ホッパー、スクリューコンベヤとミキシング装置、フライトコンベヤで設備を構成し、配合割合を確認するための計量器、集塵装置を併設します。

半水石膏/無水石膏製造設備

結晶水の構成を変換し、リサイクル

半水石膏/無水石膏製造設備廃石膏ボード由来の石膏(CaSO4・2H2O)から半水石膏(CaSO4・1/2H2O)・Ⅱ型無水石膏(CaSO4)を製造する設備です。
半水石膏は加水することにより水和反応(CaSO4・1/2H2O+3/2H2O=CaSO4・2H2O)が起こり、固化する原理を用いてリサイクルすることができます。
Ⅱ型無水石膏は不溶性石膏としてリサイクルが可能になります。
熱源は重油またはガスとし、最大700℃まで加熱します。設備は熱源装置の他、乾燥/冷却キルン、粒度調整装置、バグ集塵機とそれらを繋ぐ搬送装置で構成します。

※機器の形状・設計諸元は予告なく変更する場合があります。御了承下さい。


お問い合わせはこちら